『ポケットモンスターSPECIAL』の作者・日下&山本両先生のコメントから
マンガ制作のウラ側をさぐっちゃおう!
ふだん聞けないお話が飛び出しちゃうかもしれないよ! 要注目だ!!

今月の日下先生


 アローラ〜♬、ポケモングッズマスターで〜す、みんな元気?

 この4月はアニメ ポケットモンスターの20周年記念もあってポケモン好きな皆さん… 各方面で盛り上がったんじゃないかと思います。ゲーム、カード、アニメ…と次々アニバーサリーを迎えて…。末席ながらポケSPも、その中に加えていただいて本当にありがたいなって思いますね。

 改めて20年分を振り返るとなると、何をするにもおおごとなんですが、なかでも資料系…。集めに集めたものの整理は、もう必須だなあと思い始めました。ともかく『ポケモンが好きだ』という一心でなんでもかんでも収集してきた自分なので我ながら引くぐらいのモノがあるんですよ。

 そんなわけで、じわじわと仕分けを開始。…最終的には資料って『見たい時に見たいものが、見たい状態で出てこないと、取っとく意味なんてない』って思うので、それを目指しています。グッズのグループごとに分けるか、年代ごとに分けるかでまず迷うんですが、ポケモンに関してはグループごとに分けた後で、その中で年代順にしておくのが良いみたいですね。仕分けして綺麗に格納した上でちょっと気に入ったものは手近なショーケースに飾る。これだな。

 けっこう手間なのは手入れが必要なあれこれ。今回出してきて20年前のものって、すごいのだとビニールやプラスチックが溶けてたり、劣化しているものも結構あったんですよね。腕時計なんかが顕著で。どうせなんで全部電池を入れ替えて動作を確認したり、バンド部分が劣化したものはそこだけ新品に交換したりしました。うん。古いものが蘇るのもまた格別に楽しいね。

 まあ、これも作品になんらフィードバックされるものだと納得して楽しみつつやっています。皆さんはこだわりのコレクションや、こだわりの収納法などありますか? ぜひ教えてくれると嬉しいな。ではまた。イチバン!、サンデーうぇぶりでの連載もがんばってますから見てね〜!!(日下)

▲全体から見たらほんの一部だけど気にってるあれこれをディスプレイ。各所に工夫をこらし、地震がきても大丈夫!

▲取り出しやすさを追求した格納スペース。めざせ、マウンテンサイクル卒業!!

▲自ら手入れして蘇った腕時計たち。時計屋さんには触らせないぜ、キリッ_φ( ̄ー ̄ )

今月の山本先生



 昨年夏と今年3月に発売されたシン・ゴジラの書籍にゴジラのイラストを寄稿する機会をいただきました。

 10代後半、怪獣のイラストばかり描いていました。怪獣のイラストの仕事が来ないかなあ、と思っていたことがありました。20代前半には、そんな「夢」はあきらめていました。
 それから30年近くたって、ひょっこり「夢」が叶いました。ボクにとって「夢」はあきらめたころに叶うものだと実感することが多いです。必死になって追い求めているときほど「夢」はどんどん遠ざかる。あきらめたころに、思いもよらない望んでもいないごほうびとともに「夢」が叶う。

 僕の「夢」は2つ除いてだいたいもう十分すぎるほど叶いました。1つはくだらなくて、もう1つはでかすぎる「夢」。くだらない方はあきらめないでおいて、でかすぎる方はあきらめようと思ってます。(山本)

今月の編集部だより
 


 4月1日にテレビ東京系列で放送されたポケモンのアニメと映画の20周年を祝う特番、皆さんはご覧になりましたか?

 その特番に、われらが日下先生が“ポケモングッズマスター”として出演! 時間にして6分程の短い時間でしたが、先生のポケモン愛がひしひしと伝わる内容でした。
 ただ、残念だったのは、特番で取り上げられたグッズは20年に渡って集められた膨大なコレクションの中のほんの一部だったこと。
 “もっと見たかったなぁ”と思われた方もいらっしゃったことでしょう。

 そんなあなたに朗報が!
 この夏発刊予定のファンブック『ポケットモンスターSPECIAL 20thアニバーサリーデータブック ポケSPedia』では、日下先生密着企画を行う予定です!
 TVには写らなかった先生オススメグッズコレクションもバッチリ取材しようと思っていますので、楽しみにお待ちください!!





●トップへもどる●